ブライダルシェービングはどんな効果がある?いつ受けるのが最適?

ここでは、ブライダルシェービングがどんなものなのか?
どういった効果が期待できるのか?
受けるのに最適な時期はいつなのか?
などについて解説しています。

 

 

ブライダルエステで最も人気のケアはブライダルシェービング

今や、結婚式の前には、ブライダルエステを受けるのが当たり前と言ってもいいくらいの状況になってきています。
女性にとっては、一生に一度の大イベントである結婚式のために、自分自身のお肌やボディをケアしてあげることは、結婚式に後悔を残さないためにもとても重要な事です。

 

時間に余裕のある花嫁さんは、3ヶ月〜半年前くらいからブライダルエステを利用し始める人が多いのですが、直前の時期に1日だけや2日だけなど短期間のプランがあって、毎日を忙しくしている花嫁さんにとっても利用しやすいのも、ブライダルエステを受ける人が多い理由の一つでしょう。
(このように、予算やスケジュールなどによって違う幅広いニーズに対応できるようなコースが揃っていて、かける費用や通う回数などを自分の事情に合わせてコースを選択できるのも人気の理由でしょう。)
そのため実際に、結婚式を控えた花嫁さんの大半がブライダルエステを利用して、綺麗な姿で当日を迎えています。

 

ブライダルエステのケアの中で、最も多くの女性が利用しているのが、ブライダルシェービングです。
ブライダルシェービングとは、婚礼衣装から露出する部分の産毛をすべて剃るお手入れのことです。
なので、着用する衣装の種類やデザインなどによって、剃る範囲が変わってきます。
(一般的なウエディングドレスの場合には、顔、首、デコルテ、肩、腕、指先、背中、襟足といった部分の毛を剃っていく事になります。)

 

 

ブライダルシェービングとは?その効果と必要性について

ほとんどの花嫁さんが受けている事からも分かるように、ブライダルシェービングは、結婚式準備に欠かせないケアの一つと言えるでしょう。
ムダ毛があっては、せっかくの花嫁姿が台無しになってしまいますから、ブライダルエステを受ける余裕が無かったとしても、せめてシェービングだけは絶対にしておきたい、という花嫁さんが圧倒的に多いです。

 

うぶ毛なんて目立たないから大丈夫、私はそんなに毛は濃くないから大丈夫、などと思う方もいると思いますが、自分が気付いてないだけで意外と目立つものなのです。
しかも、花嫁と言えば結婚式の主役で、会場中の視線を集める存在なわけです。
さらに、スポットライトなどの光を浴びる事によって、産毛が余計に目立ってしまう可能性もあるのです。

 

その上、ウェディングドレスを着た時には、背中や首の後ろなど普段はあまり気にしないような部分も露出する事になります。

 

日頃から背中やうなじのムダ毛のお手入れをしているという方はそう多くはないでしょうし、さらに言えば、自分の背中やうなじのムダ毛の状態を自分で把握していないという方も多いのではないでしょうか?
自分の背中やうなじのムダ毛の濃さを知らないで、ウエディングドレスの試着などの時に鏡で確認して、初めて自分の背中やうなじのムダ毛の濃さを知って驚いた、なんてのは意外とよくある話です。

 

また、ブライダルシェービングすると、そういったムダ毛が無くなるだけでなく、お肌がワントーン明るくなる効果もあります。
産毛があると、お肌がくすんだ感じに見えてしまいがちなのですが、産毛を取り除くことによって肌がスッキリして、ワントーン明るくなった綺麗な肌色を見せてくれます。

 

さらに、化粧の乗りを邪魔している産毛が無くなる事によって、メイク乗りが良くなるなどの嬉しいメリットもあり、シェービング一つで生まれ変わったかのようなお肌を手にすることができ、結婚写真の写真写りもぐっと良くなります。

 

 

ブライダルシェービングの種類とそれぞれの特徴について

ブライダルシェービングには、プロ仕様の本格的なカミソリを使って毛を剃る「レザーシェービング」と、電動シェーバーを使って毛を剃る「ソフトシェービング」の2つの方法があります。
(「レザーシェービング」の事を「本格シェービング」と呼ぶこともあります。)

 

それぞれに異なる長所と短所があるので、ブライダルシェービングを検討している人は、事前にこの違いを知っておいた方が良いでしょう。
これから、それぞれの特徴と効果をご紹介していきます。

 

レザーシェービング

まず、かみそりを使ったレザーシェービングは、しっかりと産毛を無くしたい人におすすめの方法です。
プロの手によるカミソリシェービングは、やはり自分で産毛を剃るのとは、仕上がりのキレイさに格段の違いが出ます。
切れ味の良い刃を用いて、プロの技術で丁寧にシェービングしていくと、産毛だけでなく古い角質も落とすことができます。
(プロ仕様の剃刀は、一般的なものとは、刃の鋭さが全く違うのです。)

 

つまり、自分でするようなムダ毛処理よりも深く剃ることができ、除毛効果が長持ちして、さらに古い角質を取り除く事で、肌の透明感がグンとアップするのがレザーシェービングなのです。
(美白ケアなどと同じくらい、場合によってはそれ以上の効果が期待できると言っても過言ではないかもしれません。)

 

ただし、このようにメリットが多いレザーシェービングにも、デメリットがあります。
それは、刃物を直接お肌に当てて毛を剃る方法であるために、皮膚にかける負担が大きい事です。
ムダ毛を深剃りして、さらに表皮の古い角質を除去するわけですので、お肌がとても敏感な状態、乾燥しやすい状態になります。
そのため、元々が敏感肌やアトピー肌の人、肌荒れがひどい人など、お肌が弱い人の場合には、肌トラブルが起こる可能性もあります。
また、特別お肌が弱くない人でも、肌に赤みが出たり、お肌がひりひりする、という事はよくありますので、レザーシェービングは式の直前にはせず、少し日を空けて受ける事が推奨されています。

 

なお、レザーシェービングの施術は、理容師の免許を持ったスタッフしか出来ないなどの理由で、取り扱っていないサロンも多くあります。
そのため、ブライダルエステを受けるサロンとは別に、シェービング専門サロンでブライダルシェービング(レザーシェービング)を受けるという花嫁さんも少なくありません。

 

ソフトシェービング

そして、ソフトシェービングは、電動シェーバーで産毛を剃っていく方法です。
レザーシェービングが直接お肌にカミソリを当てて深く剃る方法で、ソフトシェービングはお肌には直接触れずに、浅い位置で剃る方法です。
(お肌に直接触れないので、金属アレルギーの方などでも受けられます。)
ソフトシェービングは特に資格などを必要としないため、大体のサロンが対応しています。

 

また、深剃りができず、浅くしか剃れない代わりに、お肌にかかる負担が軽い方法です。

 

そのため、お肌が敏感な人は、ソフトシェービングにした方が良いかもしれません。
(後述しますが、お肌に不安を抱えている人でも、式までに余裕がある時期に、事前に試しにレザーシェービングを受けてお肌の反応を確かめておいて、その結果大丈夫であれば、レザーシェービングを受けられます。)

 

そして、そのお肌の負担の少なさから、ソフトシェービングであれば、挙式の日ギリギリでも受けられます。

 

ソフトシェービングは、レザーシェービングよりも、お肌の透明感をアップさせる効果や除毛効果は落ちてしまいますが、露出する部分のムダ毛が無くなる事には変わりありません。
なので、日程の関係や、お肌が弱いなどの理由でレザーシェービングを受けられない人は、ソフトシェービングを利用するのがおすすめです。

 

 

ブライダルシェービングを受けるタイミングは?

次に、ブライダルシェービングを受けるタイミングについてです。
ブライダルシェービングは、結婚式の何日前くらいに受けるのが望ましいのでしょうか?

 

シェービングをする上で望ましいタイミングは主に、シェービング後のお肌の状態と、毛が生えてくるまでの日数の二つの要素で決まります。
レザーシェービングとソフトシェービングでは、この二つが異なりますので、望ましいタイミングも異なってきます。

 

ですので、レザーシェービングの場合とソフトシェービングの場合とに分けて、順番に望ましいタイミングをご説明していきます。

 

レザーシェービングの場合

レザーシェービングの場合には、結婚式の3日〜7日前にブライダルシェービングを受けるのがおすすめです。
(アトピーや敏感肌、乾燥肌など、お肌が弱くて不安な場合には、もう少し日を空けて、5日〜7日前にするのが良いでしょう。)
あまり早すぎると挙式日までに産毛が生えてきてしまうのではないか?と心配する人も多いのですが、レザーシェービングで剃った後の毛はそんなに急に生えてくるものではありません。

 

また先述の通り、レザーシェービングの場合には古い角質を除去するため、施術後はお肌が敏感な状態になります。
そのため、レザーシェービングの施術後に、お肌が最も良い状態になるまでに数日程度、日が必要になります。
このように、お肌が回復するまでの期間と、ムダ毛が生えてくるまでの期間のバランスを勘案すると、レザーシェービングの場合には3日〜7日前が丁度良いという事になるのです。

 

仮にレザーシェービングを挙式日ギリギリに利用した場合、式当日に赤みが残ったり、肌がかぶれたり、荒れたり、お肌がずっとヒリヒリしたり、などの可能性もあって、当日をそんな状態で迎える事になってしまったら、手の施しようがありません。
そのため、結婚式前日にレザーシェービングを受けようとしても、リスクの高さから断られるというサロンも少なくありません。
(直前に受ける場合には、資格上はレザーシェービングを行えるサロンでも、ソフトシェービングで対応するというサロンも多いようです。)

 

ですので、レザーシェービングを受けたい場合には、結婚式の前日や前々日などギリギリは避けて、式の3日〜7日前に受けられるようにスケジュールを調整しましょう。

 

ソフトシェービングの場合

ソフトシェービングの場合には、結婚式の1〜2日前に受けるのがおすすめです。

 

ここまででご説明してきたように、ソフトシェービングはお肌にほとんど負担をかけませんので、式の日の前日などでも受ける事ができます。
その代わり、深剃りは出来ずに毛がすぐに伸びてきてしまいますので、式の日ギリギリに剃る必要があります。
そのため、これらを考慮すると、ソフトシェービングでは、1日前や2日前が丁度良いという事になるのです。

 

 

お肌が弱くてもレザーシェービングは受けられる?〜テストシェービングについて〜

お肌が弱いからソフトシェービングにした方が良いんだろうけど、効果の面で優れているレザーシェービングにしたい、という方もいるでしょう。
そんな場合、式の1ヶ月以上前などのように、時間に余裕がある時期であれば、お肌が弱い方でもレザーシェービングを受けられる可能性もあります。

 

基本的に、ブライダルシェービングは効果の面だけで考えれば、挙式直前に一度だけ受ければ十分なものです。
ですが、ブライダルシェービングの施術後のお肌の反応を見るため、ブライダルシェービングを行うのに最適な式までの間隔を見極めるため、などの目的で事前にテストでシェービングを受ける事ができます。

 

事前にお試しでレザーシェービングを受けて、その結果ひどい肌トラブルなどが出なければ、お肌に不安がある方でも、レザーシェービングを受ける事ができます。

 

仮に、試し剃り無しで、結婚式の直前にレザーシェービングを受けて、ひどい肌トラブルが発生してしまえば、最悪の場合には、式当日になっても治らない可能性すらあります。
それに対して、事前にテストしておけば、スタッフさんと相談して対応を考える事ができますので、リスクを大幅に軽減する事ができるのです。

 

もちろん、テストシェービングでひどい肌トラブルが起きてしまった場合には、レザーシェービングを受けるのは諦めて、効果で劣ってしまいますが、本番のシェービングはソフトシェービングに切り替えなければいけません。
(ただ、日程を調整したり、皮膚の負担が軽くなるように剃り方を調節する、などによって対応できる可能性もありますので、相談してみましょう。剃り方の工夫に関しては、施術者の腕次第にはなるでしょうが、相談してみて損はないでしょう。)

 

また、お肌に不安が無い方でも、テストシェービングを受けるメリットはあります。
まず、
施術後に赤みなどは出るのか?
赤みが出る場合には何日で赤みが治るのか?
何日後に毛がどの程度生えてくるのか?
何日でお肌が回復して状態が落ち着いてくるのか?
など、レザーシェービング後のお肌などの反応には個人差があります。

 

そのため、レザーシェービングを受けるのに適切なタイミングである結婚式の3日〜7日前というのは、あくまで一般的に適切なタイミングでしかありません。
ですが、テストシェービングを受けて、実際にお肌や毛の経過を見ておけば、自分にとってベストのタイミングを見極める事ができるのです。
(その他にも、事前に一度受けておくことによって、本番のブライダルシェービングを緊張せずに受けられるというメリットもあるでしょう。)

 

 

ブライダルシェービングのコスパは最高に良い?

ブライダルシェービングは、式の直前の時期に一回だけ、テストシェービングを受ける場合でも二回だけ受ければ充分です。
そしてそれだけの施術で、結婚式当日にムダ毛の心配をする必要は無く、お肌の透明感が増してトーンが明るくなり、化粧ノリも抜群に良くなるという、すごい効果があるのです。
そしてそれは、大切な記念写真の写真写りが格段に良くなって、素敵な写真を残せるという事を意味するのです。

 

ブライダルシェービングは1回だけでも、これだけの非常に高い効果があり、しかもブライダルシェービングだけなら、料金もそれほど高いものではなく、1万〜2万円ほどでも受ける事ができます。
ですので、ブライダルシェービングというものは、ものすごくコスパが良いのです。

 

その他、ブライダルシェービングに加えて、フェイシャル、デコルテ、背中など、ウェディングドレス姿で重要になる部分のエステがセットになった1dayプランなどの短期集中プランも、多くのサロンで用意されています。

 

ですので、お金にあまり余裕が無いからブライダルエステを受けるかどうか迷っているという方でも、ブライダルシェービングのだけは受ける事を強くおすすめします。
(ここまでお勧めするぐらいに、ブライダルシェービングは満足度の高いケアなのです。)

 

さらに、もう少し予算に余裕があれば、フェイシャルなどのエステメニューを受ける事も検討してみてもいいと思います。

 

なんにしても、自分自身で納得の行く選択をして、結婚式に後悔を残さない事が最も大切な事です。
ブライダルシェービングを受けるとしても、受けないとしても、ご自分で納得の行く決断される事を願っています。