結婚前の最後の親孝行
〜母親と一緒に受けられるブライダルエステ〜

ここでは、母親と一緒に受けられるブライダルエステなど、女性同士で受けるブライダルエステについて紹介しています。

 

 

花嫁一人ではなく誰かと一緒に受けるブライダルエステ

まだまだ一般的ではないものの、自分の結婚相手と一緒にブライダルエステの通うカップルコースの人気が少しずつ出始めています。
基本的にブライダルエステはこれから結婚を控えた女性が行うものといったイメージですが、最近では彼氏と一緒にエステをやりたいと思う女性も増えているようです。

 

そして、それ以外にも誰かと一緒にブライダルエステを受けるケースがあります。
それは、友人や姉妹、親子など女性同士で一緒にブライダルエステを行うといったケースで、そういったプランを用意しているサロンもあります。
(もちろん、親子と言っても母親で、さすがに父親と一緒にブライダルエステを受けるというのは聞いた事は無いです。)

 

その中でも、人気なのが今回ご紹介する母親と一緒に受けるブライダルエステです。

 

彼と一緒にブライダルエステを受ける理由としては、結婚式当日に誰よりも格好良くなって欲しい、結婚式の準備で忙しい彼にもリラックス気分を味わって欲しい、自分だけ高いお金を使ってエステを受けて申し訳ない、などといった理由があります。

 

そして、友人や姉妹同士など女性同士で行く理由としては、
エステは女性同士の方がリラックス出来る、
すでに結婚した友人がおすすめのエステサロンを紹介してくれたのでお礼も兼ねて一緒に受ける事にした、
結婚式に参列するということで一緒に綺麗になりたい、
などといった理由が挙げられるでしょう。

 

また、ゼクシィの「結婚トレンド調査2016」によれば、
「それまでにエステに行ったことがない」
「もしくは行ったことはあるが通ったことはない」
といった女性が6割以上もいることから、やはり一人で行くのは不安だから、といった理由もあるのかもしれません。

 

しかし、親子で受けるブライダルエステには、母親も結婚式に参列するから、一人で行くのが不安だから、といった以外の理由もあるでしょう。
それは、結婚前の最後の親孝行であったり、結婚前に母親と二人で過ごす時間を取りたい、などといった側面もあるのだと思います。
(独身最後の時に、感謝の気持ちを込めて母親にエステをプレゼントして、二人で一緒にエステに通う時間は、一生の記念・思い出になるのではないでしょうか?)

 

今回は、友人や姉妹、親子など女同士で受けるブライダルエステについて、詳しくご紹介していきます。

 

 

親子でのブライダルエステが人気の理由

親子で受けるブライダルエステが人気の理由、それは上述したように結婚前の最後の親孝行として、娘が母親にエステをプレゼントするといったケースが増えていることが挙げられるでしょう。

 

また、母親としても結婚式の準備で忙しい娘と、少しでも一緒の時間を過ごせるということで、どちらにとってもブライダルエステが貴重なコミュニケーションの場になっているのでしょう。

 

もちろん、母親も結婚式に参列し、披露宴では招待客をもてなす側の立場になるわけですから、美しくなってその場に立てるという意味でも、ブライダルエステは大きな効果を発揮します。
親子の絆を深める、また、結婚式での身だしなみを整える。
その両面の役割を果たせるというのが、親子でのブライダルエステが人気となっている理由だと言えるのではないでしょうか。

 

 

女性同士のブライダルエステでどんなケアをするの?

では、親子など女性同士でのブライダルエステでは、どういったケアをするのでしょう?

 

花嫁さんの方は基本的に、通常のブライダルエステを行います。
背中、デコルテ、二の腕、ワキなどウェディングドレスから露出する部分や、フェイシャル、うなじ、首筋などの美肌や美白、痩身、マッサージなどのケアが中心となります。
このように、挙式の日に露出の多いウエディングドレスを着る事になる花嫁さんは、ケアをするべき部位がたくさんあります。

 

それに対して、お母さんの方はあまり露出が多い服装ではありませんので、エステのケアの内容はフェイシャルケアが中心となります。
アンチエイジング、美白、保湿、小顔などをメインとしたケアが行われます。
(また、結婚式当日の化粧のノリが良くなるように顔のシェービングが行われるサロンもあります。)
ほかには、血行を促進して疲れをとるボディトリートメントなどが行われる場合もあります。

 

母娘で受けるプランの施術回数については、結婚式直前の1回だけのコースもあれば、複数回ケアを行うコースもあります。
(ただ、基本的には、1回だけのコースが多いような印象です。)

 

とはいえ、あくまでも結婚式の主役は花嫁さんですから、当然ながら娘さんの方が多くのケアを受ける事になります。
なので、3〜6ヶ月前から通うような中長期的なプランの場合には、花嫁さんが通う内の数回をお母様と一緒に通うという感じになるでしょう。
(ただ、プランの内容にこだわらず柔軟に対応してくれるサロンであれば、毎回一緒に通うというのも不可能ではないと思います。)

 

 

次に、母親以外の友人や姉妹などのケアについてです。
こちらは、母親の服装よりは露出が多いかもしれませんが、ウェディングドレスと比較すれば露出の少ないドレスになりますので、フェイシャルのケアが中心となる事が多いでしょう。
また、ケアの内容も大体は同じで、美白、保湿、小顔矯正などのケアが中心となります。
(こちらも、顔のシェービングが含まれているサロンもあります。)

 

こちらも、中には複数回に渡って行うコースもありますが、結婚式直前の1回のコースが多いです。

 

 

女性同士で受けるブライダルエステの注意点

女性同士、とりわけ母娘でのブライダルエステが徐々に人気となってきているとはいえ、まだまだ一般的な認知を得ているといったほどではありません。
そのため、すべてのブライダルエステで女性同士のペアで受けられるメニューが用意されているわけではありません。

 

もし、そういった形でのブライダルエステをやりたいと思っているのであれば、事前のチェックをしっかり行うことが重要です。
また、公式サイトなど表向きにはペアメニューが掲載されていない場合でも、直接聞けば柔軟に対応してくれる場合もあります。

 

新郎・新婦のペアの場合には、女性専用サロンでは対応できないでしょうが、女性同士のペアであれば、対応はそれほど難しくはないでしょう。
(もちろん、施術スペースなどの関係で対応できない場合もあり得ます。)

 

なので、まずは自分の行きたいエステサロンを見つけて、そこで確認してみるというのも良いかもしれません。